2月15日のあそび 治療2例・・・

兄弟のように育った竹馬の友・・・

足が上がらないのよ・・・
股関節の痛みで階段が上がれないし・・・スラックスもはけないわ
もちろん靴下も・・・

私は考える・・・
どうして上がらない?動いてもらう・・・それを観察する・・
関節の骨部分は異常はなさそう・・・
となると靭帯、筋肉の短縮化・・・階段より低い台に乗せてみるが上がらない
筋肉が異常に収縮したままだ・・・痛いので動かさなかったのが原因と思われた
仰臥位で股関節の可動域を調べて、筋の調整・・・テスト  かろうじてやっと持ち上げられる
ということは、筋の調整によって改善する可能性があるという判断がつく

他動的というより、運動をやらせることで改善に導けばよい・・・
sebone理論により施術を行うことで、階段の昇り降りが可能になった
ご主人に簡単な筋のトレーニング方法を教える・・・効果あり!

何が原因か?動かして診る・・ことが重要だ

実はご主人の肩の痛みで来院されたのだが、肩は悪くなかった・・・
原因は椎間板ヘルニアの後遺症みたいなもので、やはり筋肉の緊張によるもの
頚椎の回旋は加齢によるものと思われるが、ドロップテーブルによる治療で改善
大胸筋にも異常あり・・・
5分間の動かない運動によって可動域が改善した・・・
多分、この説明では理解できないかもしれないが(笑)

母がよく詠んだ山茶花・・・もう母が米寿だからこの山茶花も同じ老木
d0053616_15384473.jpg




自ら治せる自信とやる気を起こさせる・・・ことが必要だ
[PR]

by tenorsaxt | 2014-02-15 15:47