故郷へ墓参り・・・会えない人たちに会えた!

d0053616_162029100.jpg

大口から大川内の峠で待っていた桜!!
久しぶりに100キロを超える運転をする。目は疲れたが体は疲れなかった・・・

生家の柱・・・緑のクレヨンで落書きをした事を昨日の事のように覚えている
もう60年も昔のこと  せいくらべの柱の傷も 従兄弟や弟、妹・・・
d0053616_16231516.jpg

幼少時代のあそび場・・・道路、小川、側溝、石垣、河原、大きな石・・・川の飛び石・・・
桜の頃は花見でにぎわったお墓の前の広場
今日は集落の墓清掃だったらしく、箒の目がきれいだった・・・
65年前に亡くなった実父と祖先の墓に手を合わせる
d0053616_162650100.jpg

故郷の川は変わらない・・・小さかった木が老木になっているだけで
d0053616_16281459.jpg


出水の施設の101才の叔母に会いに行く。肩を揉んで頭をさすった・・もう最後だろうと思いながら・・・
d0053616_1632248.jpg

小学校6年で引っ越した、村から言えば町の高台の家の跡は石垣と小ミカンの巨木だけがあった・・・
d0053616_16331781.jpg

一軒の家に立ち寄る・・・昔ミカン農家で草払いのアルバイトをさせてもらった。
畑の脇の杉の木は大木になっていて、今日はその伐採中・・
竹馬の友たちが・・・もう60を過ぎたおじさんとおばさんたち
元気だ、あの頃の笑顔は変わらない  嬉しい
d0053616_1637777.jpg

車に乗り込もうとしたら酔ったおじさんが坂道を歩いている・・・
上に行くのは 確か 一軒しかない ツトム だ!
声をかける・・・ツトム
トオルさん・・・け?
ごつい手の握手はそのまま手を離さないで
坂道を下った先には集会所があり、
7人ほど役員の引き継ぎで のんかた の最中
もう50年も前のみんな見に来ていたテレビの話やら、空気銃で遊んだ事、私もすっかり忘れていた、S字にした針金を飛ばす ゴム銃の話が弾んだ
d0053616_16352569.jpg

肩が痛くて手が上がらないという15才年下の治療をしたり・・・きっと再会を約束して別れた・・・

米ノ津の名護にも立ち寄る・・・6年前まで月に2回の出張治療に出かけていた場所だ
d0053616_16412791.jpg

一人のおばあちゃんを訪ねると、突然なのでびっくり仰天。
上がってお茶をと勧められるが、他にも寄るところがあったので立ったまま挨拶を済ませた。「待っちゃん、こよ持っていかんね・・」とお菓子の袋を渡してくれた・・88才になるという  気になっていた膝も良好で安心した。

新幹線の下は昔の中学校への通学路・・・砂利道だった
d0053616_16423261.jpg

小学校の跡地はお墓になっていた
d0053616_16443951.jpg
今日は思い切って行って良かった・・・でなければ 竹馬の友たちと会うことはなかったのだから・・・
会うこともできなかったであろう、おじやおばとも会えてよかった

始めなければ 始まらない・・・





・・・
[PR]

by tenorsaxt | 2013-03-17 21:58