遠い記憶  まくわ瓜・・

d0053616_17515672.jpg

真桑瓜とメロンの違いは・・・いままで知らずに食べていた。
真桑瓜は遠い昔の鮮明な記憶・・・
色も味も、その感触さえ 脳が創り出した もの(笑)

で調べてた。大垣のはんこ屋さんのブログが興味深い・・

引用させて頂くが、ブログ
http://ameblo.jp/katobiji/entry-10321140690.html 
でどうぞ

・・・50年以上前、ここ真桑村まで行商に来ていた父が、
帰りに真桑瓜を買って家族に食べさせていたこともあったに違いない。
私が外交した頃はもうこの真桑瓜は姿を消し、
真桑村も真正町となり、あの日本人なら誰もが知っている
真桑瓜の真桑(まくわ)という市町名も地図から消えていた。
真桑小学校などに真桑という名前は残っているが・・・
(真桑村と弾生村が合併して真正村→真正町となり、
現在は本巣市になっている)

真桑瓜の歴史

真桑村で栽培されていた瓜を時の朝廷(応神天皇)に献上し、たいそう喜ばれ
真桑瓜の名前を頂いた。以後1700年の間果物の王者として扱われていたが、
昭和37年頃に真桑瓜と他のメロンとの交配で出来たプリンスメロンやその後の
ネットメロンの登場によりその座を自分の子孫に明け渡した・・・

何事も知らないで生きてきたことを・・・こうしてネットで簡単に知ることを
喜ぶ 64才の▼ボーイである。

KEROKEROさんのコメントがなければ・・多分死ぬまで
知らずにメロンを食べていただろう。コメントに 感謝!
[PR]

by tenorsaxt | 2012-03-01 18:44