療術師会勉強会

d0053616_13582918.jpg

1年に8回の定例会の勉強会は、6回しかない。
貴重なカイロプラクティック勉強会・・・

療術師とは、心構えは・・・その自覚が
実は大変なんだが、カイロと言うとテクニックを
というより、難病を治せるスーパーテクニックを
みんなが求めたがる。そんなテクニックがあれば
私が欲しい・・・
30年の経験から得た結論・・・
治るものは治る、治らないものは治らない・・・・
いい加減な答えだが、何がどうして治っていくかが
分からないのが・・現実。

確かに施術をすると症状の回復は明らかに改善する・・
それだけで満足していいのだろうか・・?という疑問・・

可能な限り簡単ではあるが 運動を「してもらう」ことを
実践しているが、その効果は大きいことが実証された。
歩行困難な「圧迫骨折」のご婦人は、週に一度の治療と、
20分の運動で 15分の歩行が可能になり、曲がった腰が
「伸びた」状態が持続できるようになった。

透析20年でボロボロの私の身体も、日々 「数分」の身体を
動かす程度の 運動 で体力がついてきた。
2日間、14時間の講義も楽にこなせる・・・

病気にならない体づくりも大切だが、病気になっても治せる
自然治癒力を喚起する体力が必要と思う・・

その為には 普通に生きること。
よく仕事をし、よく食べ、よく寝て、よき生き方をすることだ。
平平凡凡と・・・難しいことだが・・。

親指のアカギレが 治った! 5体満足がいかに幸せなことか・・・
腹いっぱい食べられ、思う存分飲めること・・
そんな普通の人には当たり前のことが・・私にはできないのが
悔やまれる・・・自業自得と言われれば一言もないが(笑)

食べたいだけ・・・で思い出すが、高校時代に
大きなスイカをどれがけ食べられるか試してみた、、
半分でギブアップ。2キロも食べられないということになる。
食べ比べは・・あれは虐待だ(笑)

清流を腹いっぱい飲む夢を見る・・
でも腹いっぱいでも わずか 一升瓶・・・
[PR]

by tenorsaxt | 2012-02-28 14:29