福島へ 紙とんぼの作り方

d0053616_14301826.jpg

 東日本大震災支援活動3月11日の東日本大震災発生・・・言葉がない・・

紙とんぼを600本送った。
作り方の要望があり、ブログで講座を。

紙とんぼの作り方
① 菓子箱やティッシュの空き箱をあらかじめ型より広めに切り抜いておきます。
② 型を中心において、押しピンなどで穴をあけます(注意:竹串2.5ミリより小さい穴)
d0053616_14325656.jpg

③ 調整した型紙の穴に差し込みます。下には発泡スチロールなどの台を置きと作業がしやすい。
④ ズレないように型を描き入れます。
d0053616_14344892.jpg

⑤ ハサミを大きく開いて切り抜きます。カーブはハサミを右に傾けると切り易いですよ。
線の通りに切り抜かないとバランスが狂いますので、ゆっくりと、丁寧に切りましょう。
d0053616_14312135.jpg

⑥ アイスの空き箱を切り抜いた翼です。
d0053616_14414045.jpg

⑦ 網戸のゴムパッキン4.5ミリを厚さ2ミリ位に、カッターでまっすぐに切っておきます。
軸は竹串(15センチ、2.5ミリ)から転がして真っすぐなものを選んでおきます。
10~20%しかとれません。                       
⑧ 写真のように爪で2センチのところまで押し込みます。 両手でないとうまく入りません。
d0053616_14422345.jpg

⑨ 翼の穴を広げないように丁寧に取りつけて・・・
穴が開くと空回りして上手く飛ばなくなる可能性があります。
d0053616_1443652.jpg

⑩ 上下のゴムでしっかりと固定しますが・・・できませんので
⑪ 下の板(これはプラスティックのケースのフタですが)に3センチの穴を空けておいて、圧着させます。
d0053616_1444434.jpg

⑫ 写真のように傾きを軸に垂直に固定し、回してみて翼がダブって見えないように調整します
d0053616_14454043.jpg

⑬ コマのようにバランスよく回れば、瞬間接着剤で固定します。
この作業が肝心です
d0053616_1449749.jpg

⑭ 瞬間接着剤は斜め傾、半滴出たところでゴムと翼の間に近づけると、すっと吸い込まれます。
着け過ぎると固まらないのでご注意!
d0053616_1450831.jpg

⑮ 写真のように両手で持って捻ります。
d0053616_1451529.jpg

⑯ 手を離すと、左右6ミリ程度に捻られています。
翼端は僅かに曲線で曲がっています。これが揚力を発生します。真っすぐだと「上に飛びません」
d0053616_14514316.jpg

⑰ 翼端にパンチ穴をあけると  ヒューン と音が出ます(企業秘密(笑))
d0053616_14523333.jpg

 スーパービューン という名の紙とんぼです。
⑱ 剪定鋏で先端を切り落とします。
 尖っていると「危ない!」とおっしゃる保護者もいらっしゃいますので・・・。
 上手く飛ばせない子には、捻りを戻してコマの練習をさせるのに役立つんですが・・
d0053616_1453527.jpg

⑲ 完成です。
使った道具:押しピン、発泡スチロール、型紙、
ハサミ、ペン、パンチ、ペンチ、瞬間接着剤、
網戸のゴム4.5ミリ
d0053616_14533272.jpg


飛ばし方は 
http://tenorsaxt.exblog.jp/i106/ をご覧ください。
[PR]

by tenorsaxt | 2011-12-31 14:53